3号、オーボエを奏でてみる。

 

 

今日は、久々に「とーろく係3号の雄叫び」をUPです☆

先日ツイッターで教えていただいた、雑誌【モーストリークラシック】2011年9月号に
海洋天堂レビューが載っていましたー❤❤

さすがはクラシック音楽専門誌さま、作品のストーリーのことだけでなく、
久石さんの音楽についてもきちんと触れてくださっていました☆☆
ジェットの演技のことにもほんの少し触れて下さってて、亀パパにとてもよい印象を
持ってくださったことが感じられて大感激でございましたですー!!(感涙)

クラシックに興味のある方は、是非雑誌を手にとってみられてくださいませ☆

 
 

今日の話題    ●  ジェット作品と久石譲さん、
         夢のようなコラボが実現☆


久石譲さんといえば、本当にたくさんの映画やTV番組などに楽曲を提供なさっていて、
どれも本当に素敵なメロディのものばかりでございますよね❤❤
久石さんの曲が大好きと仰る住人さま方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか☆

3号ももちろん、子供の頃から久石さんの曲が大好きなのでございます♪♪
ちなみに、当時の映画音楽ではジョン・ウィリアムズさんやジェリー・ゴールドスミスさん、
エンニオ・モリコーネさんなんかも、3号が好きだった作曲家さんです❤❤


音楽と映画って、今や切っても切り離せないものだと思うのですが、
まさか連杰の作品の中で久石さんの音楽を聴くことが出来る日が来るなんて、
実のところ思ってもみませんでしてね?

ドンパチと賑やか&殿方の血と汗と筋肉美が満載のアクション作品で、
久石さんのどこか優しくてちょっぴり切なくなるような美しい音楽が流れることって
まず全くと言っていいくらいございませんでしょ?(爆!)

大好きな連杰の姿と大好きな久石さんの音楽が
ひとつの作品で一度に楽しめてしまうなんて、本当に夢のようでございました・・♪♪
しかも、この映画を一番最初に見たとき、本当に久石さんの音楽が
映像や作品の雰囲気とぴったり合っていて、すごいと感じたのですよね☆


今回の海洋天堂の音楽について【モーストリークラシック】の中で
ライターさんが触れてくださっていたのは、
海洋天堂の楽曲スコア(総譜)の中身のことでした。

音楽全体のことを【リリカルな音楽】、管楽器のメロディに関しては
【慎ましいソロ】と表現なさっていて、ボキャブラリーが全然ない3号は
拝見していて思わず「うんうん!」って頷いたのですよねー♪♪(笑)

予告編動画を見ただけでも、その音楽の素敵さが伺えますよね☆
きっと、オーボエの音やフルートの音がその慎ましいソロを
奏でていたのかな?と想像しています❤


映画館に足を運んだら、改めて耳を澄ませて久石さんの音楽を
聴いてみたいと思います☆

 

 

« Jet Li Fansite 天照庵へ