番外編誤爆シリーズVol.004 管理人様はミステリアスなのに、住人様はすっぽんぽん


今日の庵語は、久々の番外編での登録です☆

水面下で天照さんへのお誕生日プレゼントを用意していた最中、
企画の中核スタッフを務めてくださったみんみんさんと
【天照庵で天照さんに隠し事をするのは、至難のワザだ】
と、お話していたときに出てきた、的を得すぎているお言葉です♪

ってか、すんごい爆弾発言!(笑)
思わず「許されるなら語録ブログにUPしたい!」と
その場でみんみんさんにおねだりんちぇさせていただきました❤


みんみんさん、的を得すぎの爆弾語録をありがとうございましたー☆ヽ(*´∀`)ノ



 

今日の話題     ~2011天照さんお誕生日企画号外~

● 天照さんとすっぽんぽんにまつわる、内緒話のつもりのハナシ。


【今企画の最大の難関とは?】


今回、住人の皆様とともにプレゼント制作スタッフさんたちも、
今回の企画を天照さんに知られないように極秘に事を進めようと
皆で頑張っていたわけですが、これがなかなか難しいものでしてね?

極秘制作進行中も、天照さんと連絡のやり取りをする機会もあったりするので、
その度にポーカーフェイスを装うのですが、自分たちのドキワク感がそこここで
どうしても滲み出てしまったりするのです。

それを隠そうとすると、今度は余計に変なオーラが放出されたりして
その場にやたらと妙な雰囲気が漂ったりするのですよね(笑!)

まあ、あれですね。旦那は完璧に浮気を隠してるつもりでも、
どこかおかしな雰囲気が漂ってるのを嫁さんに勘付かれてしまうのに
似てますでせうか(爆)

ある意味、天照さんに内緒で事を進めていくことが、
今企画のどんな裏方作業よりも最大の難関であったと言っても
過言ではなかったように思います(笑)


 

【話せることの幸せ】


「天照さんとお話しすると、幸せ(な気分)になれる」というのは、
天照庵で天照さんとお話されたことのある住人さまなら、きっと皆さん共通で
感じられたことのある感覚だと思うのですが、それは何故かといえば・・・
3号が思うに、天照さんの前では【すっぽんぽん】になれるからのような気がいたします。

すっぽんぽんというのは、もちろん本当に服を脱いで真っ裸になるということではなくて、
【人にはちょっと言えないような思いも話してみる】的な意味で(笑)

きょうび、パートナーの前でもすっぽんぽんになれない、悩みも多きこのご時世(爆)、
人前ですっぽんぽんになれる機会などなかなかない事だと思うのですが、
天照さんの前ではなぜか安心してすっぽんぽんになれてしまったりしますね♪

ところが、【すっぽんぽん】になれることに幸せを感じているはずなのに、
今回のように何も話せない状況になると、一転、非常に欲求不満に陥るわけで・・
ましてや自分たちでその状況を作り出したとなると、
苦行中の坊さんのようなことになってしまうわけでして(爆)

時にはこんな焦らしプレイもいいものですが、
やっぱりすっぽんぽんが一番ですね♪(笑)
すっぽんぽんになることを許してくださる、天照さんの懐の深さに感謝☆